汗じみによる洋服の黄ばみの落とし方は!?色物でも大丈夫!洋服の黄ばみを落とす方法をご紹介します!

 

お気に入りの洋服を着ていて、だんだん気になる汗じみ…

 

気付いたら服が黄ばんでいたという経験がある人も多いですよね。

 

クリーニングに出すという手段はありますが、もっと手軽に洋服の黄ばみは落とせないのでしょうか?

 

今回は「汗じみによる洋服の黄ばみを落とす方法」を解説していきます!

 

色物のお洋服でも可能な方法もご紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

汗じみによる洋服の黄ばみの落とし方!色物でも可能!?

 

 

気温が上がってくると誰しも汗をかいてしまうものですね。

汗をかくと匂いや黄ばみの原因になります!

それを防ぐためにこまめに汗を拭いていても、うっかり洋服が汗じみで黄ばんでしまったという人も多いでしょう。

 

 

洋服の汗じみを取るには、衣類用の洗剤を効果的に利用しましょう!

 

しかし、衣類用の洗剤以外にも使用できるものがあります♪

 

それでは効果的な方法を紹介していきます。

 

白い洋服には塩素系漂白剤を使用する

 

漂白剤には塩素系と酸素系があります。

白い服には塩素系の漂白剤を使用しましょう!

 

洋服の汗じみで黄ばんだ部分の範囲が小さい場合は、粉末の漂白剤をおすすめします。

洋服の黄ばんだ部分に直接粉末をつけます。

それをぬるま湯に2時間ほど浸しておきます。

そのあとは普通のお洗濯の手順で洗いましょう!

 

洋服の汗じみで黄ばんだ部分が大きい場合は、液体漂白剤を入れたぬるま湯に全体を浸して2時間ほど放置しましょう。

その場合には漂白剤をぬるま湯で100倍の濃度に薄めるようにしましょう。

 


【業務用 衣料用塩素系漂白剤】ハイターE 5kg(花王プロフェッショナルシリーズ)

 

色物の洋服には酸素系漂白剤を使用する

 

 

酸素系漂白剤は色物の洋服が色落ちすることがありません

ですので安心して漂白剤することができます。

 

方法は塩素系漂白剤と同じ要領です!

注意するのは浸しておく時間です。

長時間浸しておくと色が落ちてしまいます

ですので5分から10分を目安に色落ちしないか確かめながら浸しましょう。

素材によって色落ちがしやすいものもあるので、洋服の洗濯方法が書いてあるタグをチェックすることが大切です!

 


パックス 酸素系漂白剤  詰替用 500g

 

ケイ酸入り固形石鹸を使用する

 

 

ケイ酸入りの固形石鹸も汗じみで黄ばんだ洋服に効果的です♪

固形石鹸を手でよく泡立ててから、黄ばんだ部分を洗います。

 

ブラシなどでこするように洗うのも効果的です。

 

 

そのあとは通常の洗濯物と同様に洗います。

ただし、色つきの固形石鹸は避けましょう。

 


ミヨシマルセルせっけん140Gx5P

 

重曹と食器用洗剤を使用する

 

家中きれいにする為に効果を上げている重曹

その重曹に食器用洗剤を混ぜて使用すると黄ばみをとる効果があります。

 

重曹と家庭用洗剤を同じ分量で混ぜ合わせます。

それを汗じみで黄ばんだ部分に塗り込みます。

しっかり塗り込んだら通常の洗濯をします。

ただし匂いが強い、もしくは色が濃い食器用洗剤は避けましょう

 


重曹の激落ちくん 粉末タイプ 1kg

 

長期間汗じみを放っておいた洋服の黄ばみの落とし方

 

長時間汗じみを放っておいた洋服は、黄ばみが取れにくくなっています!

そんな洋服に効果的なのがセスキ炭酸ソーダです!

 

重曹と同じく家中の掃除に利用できますが、セスキ炭酸ソーダは皮脂汚れを効果的に落とすことが出来ます。

 

セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいので、十分に溶かしたぬるま湯に洋服を1時間ほど浸しておきます。

その後かるく揉み洗いしてから通常の洗濯をします。

セスキ炭酸ソーダはドラッグストアやホームセンターで手軽に購入することができます。

 

または熱湯で黄ばんだ洋服を煮沸するという方法もあります。

しかしこれは洋服の生地を痛めてしまうのでおすすめしません

 


セスキの激落ちくん 粉末タイプ 1kg (セスキ炭酸ソーダ)

 

まとめ

 

 

今回は、「汗じみによる洋服の黄ばみを落とす方法」をご紹介しました!

 

大事な洋服は汗じみを気にすることなく、着続けていきたいですね。

そのためには日ごろからのケアも必要ですが、万が一黄ばんでしまった場合でも落とす方法があれば安心ですね♪

皆さんも洋服の黄ばみが気になったら試してみてください(^^)

 

 

「水筒のパッキン」の気になる匂いの消臭方法をご紹介している記事も書いています♪

関連記事

  手軽に持ち運べて、必要な時すぐに水分補給ができる水筒。 最近ではサイズもデザインも豊富で、使用している人も多いのではないでしょうか。   ところで、水筒を使用していてパッキンの匂いが気になったことはありませんか?   ・水筒[…]