産後痩せない方へ 産後太り解消!出産後ダイエットに効果的な方法紹介

妊娠すれば、どんなに痩せていた人でも太るものです(>_<)

増えてしまった体重、出産したのに減らない体重に悩むママは少なくありません。授乳中や産後の体調管理は大切です。

今回は、妊娠で太った体型を元に戻す、産後ダイエットについてご紹介していきます!

産後ダイエットとは

産後のダイエットは、通常のダイエットと違い気をつけなければならない点がいくつかあります。

最近では歌手の浜崎あゆみさんが出産し、1ヶ月後には自身のコンサートでステージに立ち話題となりましたが、本来なら産後すぐにそのような激しい運動や負担をかけるのは厳禁。彼女には仕事・育児・体調をフルサポートしてくれるスタッフや医師が24時間体制で付いているのです。決して一般の女性が真似できることではありません。

注意点

・産後1ヶ月間、激しい運動禁止

産後の体は2~3日休んでいれば元に戻るようなものではありません。約270日の長い妊娠期間を経ているので、リセット・リカバリーにもある程度の期間が必要です。

産後6~8週頃の「産褥期(さんじょくき)」は、心身ともに目まぐるしいほどの変化がある期間で、骨盤底筋群もダメージを受けているので、なるべく横になり安静にすることも大切です。

さらに悪露や子宮復古を始め、産褥熱、血栓性静脈炎、乳腺炎、マタニティブルーや産後うつといった心身の異常も起こりえます。

産後しばらくの間は、激しい運動は勿論、なるべく心身に負担をかけずに育児に慣れていくための期間です。激しい運動やダイエットは、1ヶ月健診で問題なしとされてから、無理のないペースで徐々に初めて行きましょう。

・食事の栄養バランスを考える

産後も妊娠中同じように、必要な栄養を適切量とることが必須となります。母乳で育児を場合は特に注意が必要です。授乳中の場合、推奨されている1日の摂取エネルギー量は、通常のプラス350キロカロリーとされています。主食・主菜・副菜をバランスよく摂ることも大切です。

成功するおすすめの4つの方法

1.産褥体操

産後すぐに激しい運動は厳禁です。まずは産褥体操から始めていきましょう。産褥体操とは、産後ダイエットの運動のウオーミングアップになるエクササイズがいろいろあると思います。産褥体操の目的は「痩身」ではありませんが、本格始動の前準備として行うのはいいでしょう。入院中の指導で教えてくれるところもあるので、入院中から積極的に取り入れてみましょう。

2.母乳育児

母乳育児をすると、妊娠中に蓄えた脂肪を消費してくれるので、体重減少も期待できます。

母乳育児中に食事を減らすダイエットはお勧めできません。離乳食が始まるまでの赤ちゃんの栄養源は母乳とミルクのみです。まさに赤ちゃんにとってのライフライン。米など炭水化物の主食、肉、魚などタンパク質の主菜、野菜などの副菜に乳製品、果物を組み合わせるなど、バランスよく食べましょう。

3.ウォーキング

ウォーキングは体内の血流循環をよくし、カロリー消費をスムーズにします。まとめて長時間歩くよりも、毎日10~30分でもいいのでこまめに習慣化するのがポイントです。姿勢をよくし、腹式呼吸も意識しながら行うとより一層のカロリー消費が期待できます。

4.赤ちゃん同伴OKのヨガやエクササイズに挑戦

体調が落ち着いてきたら、産後ママ向けのエクササイズに参加するのもオススメ。ヨガやダンスなど様々な産後ママ向けのプログラムは各地で開催されており、殆どが赤ちゃん連れOKとなっているので、安心して参加できます。

ダイエットや体の調子を整えるのはもちろん、外に出て他のママたちともが交流でき、良い気分転換にもなるでしょう。

よくある5つの失敗理由

・育児が忙しくて運動する時間を確保できない

育児に追われて時間の余裕がないと、運動する時間も確保できなくなってきます。生後間もない赤ちゃんを連れては、頻繁に外出することも難しくなります。カロリーは消費しなければ体重は落ちませんし、体重が落ちても運動しなければ筋肉は増えず、引き締まった体にもなりません。

・出産前に太りすぎる

妊娠中、望ましい体重の増加量は、元の体型やBMI指数によっても大きく異なりますが、体重が増えすぎればそのぶん、産後に落とすのも大変になります。

・食事管理が長続きしない

母乳育児中はお腹が空きやすく、育児でストレスがたまると、ついドカ食いしてしまうなんてことも。食事をコントロールするのが難しい状況がそろっているのが産後です。

・卒乳後に太る

母乳育児の場合、授乳期間はそれだけでカロリーを消費するので、食べても太らない状態になる方もいます。ところが卒乳して、そのカロリー消費がなくなり、たくさん食べる習慣だけが残ってしまえば、産後は体重が落ちたけど卒乳後にリバウンド、というケースを多くの人が経験しているのです。

・モチベーションが続かない

妊娠前のように服をきれいに着こなしたい、ママ友とのランチでおしゃれしたい、見た目もステキなママになりたい。やりたいことやなりたい自分像があれば、産後ダイエットを続けるモチベーションにもなります。

まとめ

 

体質的な面でも生活の面でも、通常とは異なるのが出産後のダイエットです。無理をしないで自分のカラダと心と相談し、できることからコツコツ始めて、健康的な身体にしていきましょう♪

 

置き換えドリンクダイエットをやってみた体験談記事も書いています!

にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ
にほんブログ村