「洗面台の黄ばみ取り」クエン酸では落としきれない頑固な汚れの落とし方をご紹介します♪

 

洗面台の黄ばみって、クエン酸を使ってもなかなか落ちないですよね…
 
洗面台の黄ばみ、クエン酸を使用しても落ちない場合一体どうしたらいいの?

やっぱりクエン酸だけでなく他のものも使うべき?

 

今回はそんな、とっても厄介な洗面台の黄ばみ汚れを落とす、とっておきの方法ををご紹介します!

 

「洗面台の黄ばみ取り」簡単な黄ばみの落とし方のご紹介

 

 

洗面台の黄ばみ汚れって、人の皮脂や水垢、せっけんカスなどが溜まってしまっているんですよね…。

そのため、クエン酸だけではキレイに落とすことが出来ないんです。

 

というのも、水垢やせっけんカスはアルカリ性の汚れだから、クエン酸で落とすことが出来るんですが、人の皮脂は酸性の汚れだから、クエン酸で落とせないんですよ。

 

そこで、クエン酸だけでなく、重曹も使って汚れを落としていきましょう!

 

重曹はアルカリ性なので、酸性の汚れを落とすのに役立ちますよ。

 

では、とっても簡単な黄ばみ汚れの落とし方を説明します!
 

[黄ばみ汚れの落とし方]

 

 

重曹を黄ばみ汚れにまんべんなく振りかけていきましょう

 

 

その上から市販のクエン酸スプレーを吹きかけてください。

 

 

③スプレーした場所がモコモコと泡立ってきます。その上からティッシュやキッチンペーパーなどをかぶせ、更にクエン酸を再度スプレーしていきましょう

 

 

そのまま20分ほどおいておきます

 

20分経ったらかぶせておいたティッシュかキッチンペーパーをはずし、スポンジでこすりながら水で洗い流せば完了!

 

 

たったこれだけで、蓄積した黄ばみ汚れもキレイに落とせますよ!

 

 

本当に簡単な方法で黄ばみ汚れが落とせます!
 
 
 
洗面台をこする際に使うスポンジは、激落ちくんなどメラミンスポンジを使うと、より汚れが落ちやすくなるのでおすすめです♪

 

普段の生活で手軽にできる予防法

 

 

洗面台の黄ばみを予防するには、こまめなお掃除と水滴を拭き取ることが重要です!
 

最低でも週に1回は、洗面台や蛇口を掃除していくと良いですね!

 

また、洗面台を使い終わったら、洗面台や蛇口を乾いた布で拭き、水滴が残らないようにしておくと良いでしょう。

 

水滴が残ったままだと、水垢の原因になってしまいます。

そうならないためにも、洗面台や蛇口に水滴が残らないよう、こまめに拭き取るようにしていきましょう♪

 

洗面所にマイクロファイバークロスなどを置いておくと、洗面台使用後、サッと水滴が拭けるのでおすすめですよ!

 

 

やっぱり洗面台のキレイを保つには、こまめなお掃除と水滴を残さないことが大事です♪

 

ちなみに我が家でも洗面台の掃除は、週に1回おこなっているため、黄ばみ汚れが溜まらなくなりました!
 

ぜひあなたの家でも洗面台の黄ばみ汚れを予防するためにも、こまめなお掃除をするよう心がけてみてください!

 

そして使い終えた後に水滴を拭き取るようにしてみてくださいね(^^)

 

まとめ

 

洗面台の黄ばみ汚れは重曹を振りかけ、クエン酸をスプレーしてから、ティッシュやキッチンペーパーなどでパックし、更にもう1度クエン酸をスプレーして20分ほど放置すれば完了です。

 

頑固な黄ばみ汚れもキレイに落とせるので、ぜひ汚れが溜まった洗面台に試してみてください!

 

そしてなるべくはあまり汚れを溜めないことも重要なので、こまめに洗面台をお掃除することと、洗面台を使い終えたら、水滴を乾いた布で拭き取るようにしていきましょう♪

 

そうすれば黄ばみ汚れもしっかり予防できますよ(^○^)